オーダーメイドと既製品の違い

コスプレが好きな方は、自分の衣装にこだわりを持つ方ばかりでしょう。
イベントなどに参加する場合は、自慢のコスプレ衣装で参加したいものです。コスプレスタジオを経営している当店ではオーダーメイドでコスプレ衣装も製作しております。

既製服

既製服は大量生産を目的にして作られるので、一度で生地を裁断する元となる型が必要になります。
裁断のために用いるこの型をパターンといいます。洋服はいくつかのパーツに分かれており、そのパーツを糸で縫い合わせることにより作られています。大量生産の場合、追加注文などがあった時にこれらのパターンを初めで作っておけば、いつでも量産が可能なのです。そうしてでき上がったパーツを組み合わせることで一枚の洋服ができ上がります。つまり、既製服は同じ形・色・デザインで統一されて作られたものということになります。

オーダーメイド

オーダーメイドはオーダー「注文」とメイド「製作」の意味をもつ造語になります。その言葉の通り、オーダーメイドは一点ものを作ることができます。オーダーメイドは既製服とは違い、大量生産は目的にありません。
そのため、パターンを一つ作っておいて何度も使いまわすということはありません。
お客様の依頼を受けて、採寸し一人一人に合ったものを作る必要があるからです。

オーダーメイドを作る場合には、正確に作るため高い技術が求められます。他の人と被るのが嫌で、オリジナルのものを作りたいという方にはピッタリのものになります。コスプレが好きな方でこだわりの衣装を作りたい方は、オーダーメイドを利用してみてはいかがでしょうか。世界に一つだけの自分の作品を作ることができます。
その衣装を着てコスプレスタジオで撮影を行えば記念にもなります。

当店は福井にありコスプレ衣装製作をお受けしております。個人がひとつひとつ製作し、キャラ設定を考え生地選びから作りまでこだわっております。女装衣装も承りますので、コスプレ衣装の注文をお考えの方は是非、当店へご相談ください。

また、当店はコスプレスタジオも経営しており、貸切も可能です。利用料金についてはサイトからご確認ください。

Share Button
WordPress theme: Kippis 1.15